"まず賃貸探しで最も大切なことは、不動産屋選びでありここで失敗をしてしまいと良い物件に出会うことが出来ません。
賃貸物件を多く抱えている不動産屋を選んで、親身になって考えてくれる従業員の元協力して探していくようにしてください。賃貸物件選びにおきましては、設定した家賃を高くするのは最終手段だという考えを忘れないで下さい。
不動産屋で「少々賃料が高くなりますがオススメです」と紹介してくれる物件は断固拒否をする姿勢で探していきましょう。

 

毎月の支払いに余裕をもっていれば話は違いますが、一度契約をした部屋の家賃というのは下がることはありません。
収入が減っても、家賃は変わりませんので、収入に見合った家賃の物件を選ぶようにしましょう。物件選びをしているどのタイプの方にも共通の注意点というものがあり、希望の家賃より高い物件は興味を示さないということです。
賃料の高い物件というのは、それだけ設備が充実していたり部屋数も多いことで目移りをしてしまうことに繋がってしまうのです。"



<お役立ちガイド>家賃設定を超える物件は見ないブログ:170702

あたくしには0歳と3歳になる娘がいます。
その二人の娘を保育園に預け、
仕事をしながら、バタバタと家事に追われ…

夕方の忙しい時など、
あたくしに余裕がないせいか、
特に3歳の娘には
いつも怒った口調で話していました。
「早くしなさい」「何やってんの」

あたくしのイライラが娘に伝わってか、
娘もわぁわぁ泣きわめきます。
そんな連日が続いていました。

一昨日、新しい絵本を購入しました。
「ちょっとだけ」という絵本です。

内容は、まさに我が家と同じで
お姉ちゃんになった女の子が主人公。

いつも母親に甘えたいのに
母親は赤ちゃんのお世話で忙しいので、
なかなか言い出せず…

お姉ちゃんはいつもちょっとだけ我慢して
自分一人で頑張っているのです。

牛乳を冷蔵庫から取り出して
こぼしながらもコップに入れたり、
パジャマのボタンも難しいけれど自分でやって着てみたり…

でも24時寝るとき、
どうしても母親にだっこしてもらいたくて、
「母親、ちょっとだけでいいからだっこして…」
と言いました。

すると母親は言います。
「ちょっとだけじゃなくて、いっぱいだっこしていい?」
その間、赤ちゃんにはちょっとだけ我慢してもらいました…
というお話です。

その絵本を読んでいる時、
娘の目には涙がポロンと出ていたのです。

そして読み終わった後、
「母親、ちょっとだけだっこして」
と言いました。

あたくしは0歳の娘を置いて、
お姉ちゃんをぎゅっとだっこしてあげました。

うわあーん!と娘は号泣しました。
なにか小さいながらにも我慢をし、感じていたのでしょうか。

でも反省するのはあたくしのほうで、
いつも娘に怒ってばかりで、思えば冷たい言葉ばかりでした。

きっと嫌な思いをしていたんだろうなぁ…
ごめんね。

このページの先頭へ戻る