"賃貸だからこそ交通の便の良い物件を選ぶことが大切であり、様々なアクセス手段を確認しておきましょう。
電車やバスはもちろんのこと、深夜遅く帰ってくることも考えてタクシーの状況もチェックしておく必要があります。礼金の一部というのは大家さんが不動産屋に支払うこととなり、それは言わば紹介料という形になります。
大家さんがわざわざ自腹を切って不動産屋へ紹介料を支払う習慣は無く、礼金が紹介料として習慣になっているのです。

 

入居者から2ヶ月分の礼金をいただいたとしましたら、1ヶ月分を不動産屋に支払うというのが一般的なこととなります。
つまり賃貸物件の契約者が大家さんに変わって、不動産屋に対して紹介料を支払っているということになるのです。礼金というのは、戦後の焼け野原で家の無い人達が「大家さん、家を貸してくれてありがとうございます」という、お礼の意味から始まりました。
東京や埼玉など関東を中心として礼金制度が広まり、その名残りとして現在でも残っているのです。"



<お役立ちガイド>一般的な礼金に必要な金額ブログ:170623

俺の母親は長男である父親と結婚しました。
結婚して間もなく、父親の父母と同居…

父親、母親、
祖父母、姉、俺、いもうとの7人の大家族でした。

祖父母、父親、俺たちと食べ物の種類がいつも違うので、
母親は8時からばんまで
食べる事に追われていたことを覚えています。
時代が違うのもあるかもしれません…全て手作りでしたからね。

「長男の嫁は苦労する」
これが俺の大きなイメージでした。

親戚にも気を遣い過ぎていたほどの母親。
見てて痛々しくて、俺たちは3人の女姉妹であるにも関わらず、
ほとんど親族には近寄ることはなく、
母親が一人であくせくしていたと思います。

あの時代に帰れたらもっともっと手伝いたかったなあと、
今では後悔することばかりですけれど…

「長男の嫁は苦労する」とは思いつつも、
俺は一度目の結婚のとき、夫は長男でした。
夫の母親は心から俺を歓迎してくれました。
今はそう思えます。

ところが、あのときのは猜疑心いっぱいで、
夫の実家に行くことがとてもしんどくて嫌だったんです。

それにはじめてのお子様で男の子だったから、
とても家族に可愛がられていた分、
結構夫は実家では自由きままだったんですよね。
それがうらやましくもあったと思います。

だけど
夫との関係が悪化したとき、
夫の母親に散々責められてしまいました。

今考えると、夫の母親だって、
自分のむすこが不幸になると思ったら、
そりゃあ俺のことをなじらずにはいられないだろうし、
お子様を思えばこそ、当然のことだろうと思えますが…

あの時は
「結局、お母さんは私を嫌いだったんだ!」
と、俺の怒りが大爆発だったんです。

だから夫のことも理解せず、
夫の母親の気持ちも考えず
そのまま離婚してしまいました。


このページの先頭へ戻る