"「この物件なら少しくらい予定賃料を上乗せしても良いかな」と思いがちですが、それは大変危険なことです。
賃貸探しで予定賃料の引き上げは最終手段であり、とにかくまずはじっくりと収入に見合う賃貸を探しましょう。フランチャイズ不動産屋におきましては、物件の大家さんを直接知らない事が多くなっています。
「友人同士はNG」「子供はNG]などの条件を見落としてしまい、大家さんの審査で落とされてしまうケースが多くあるのでご注意ください。

 

フランチャイズ不動産屋は別の会社から紹介している物件の情報を抱えているので、良い条件のものはいくどありません。
物件の情報伝達が遅いことから、すでに契約されてしまっている物件を紹介してしまうケースもあるワケです。フランチャイズ不動産屋というのは大家さんと直接やり取りをされている物件というのはほとんど持っていません。
いわゆる流通物件と呼ばれている物件が多く、白黒で印刷されたフォーマットも定められていない書類を利用して物件探しをしていきます。"





火災保険
URL:http://www.sure-support.com/
火災保険、今すぐ


<お役立ちガイド>あまり良い物件が見つからないフランチャイズブログ:170606

24時間の終わりに入るお風呂は、
疲れた体質と心をリラックス&リフレッシュさせる大切な時間です。
それは、健康の面からも理にかなっています。

入浴後、体質は温まっています。
やがて体質が冷え始めると、眠くなってきます。
体質は、冷え始めると眠気を覚える仕組みになっているのです。

入浴は、単に体質を清潔にするだけではなく、
睡眠につながるという、大きな利点があります。
快眠のためにも、24時間の終わりの入浴は良いことなんですね。

しかし最近は、
10時シャワーや10時風呂派がかなり増えてきました。
10時風呂は「余裕のある人」という感じで悪くないですよね?

しかし10時風呂派は
「10時に入るからいいや」と、
真夜中に疲れて帰宅した後、そのままベッドに直行、
というパターンが多く見られます。

そんな10時風呂派は、真夜中風呂派のように質の高い睡眠が
得にくくなってしまうんですよね。

ボーッとした頭をシャキッとさせる10時風呂が、
これではなんだか悪循環ではないでしょうか。

さらに10時風呂では、
お風呂の持つリラックス&リフレッシュの効果が
アダになってしまいます。

10時風呂で体質が温まるだけならいいのですが、
脳も運動機能も反射神経もスイッチオフされてしまいます。
これは、自律神経の副交感神経が優位に働く
体質のメカニズムによるものです。

これから24時間の活動が始まるというのに、
体質をくつろぎモードに入れてしまうのは
どうなのでしょうか?

また、10時風呂は、
自律神経のリズムを乱してしまいがち…
10時にお風呂に入ったり入らなかったりという
不規則な生活パターンも同様で、
自律神経の不調を招きやすくなりますよ!


このページの先頭へ戻る