"賃貸探しは不動産屋へ行く前からすでに始まっているもので、貴方の希望エリアや条件を決めましょう。
これら希望を具体的にメモしておくことにより、不動産屋でスムーズに物件探しをすることが出来ます。賃貸物件の更新料というのは、特に法律で明記されているものではありません。
また更新料を支払った場合、不動産屋の収益になるのではなく、物件の大家さんや管理会社に支払われます。

 

更新料の手続きを不動産屋に代行してもらうことによって、その代行料を家賃の半月分を、大家さんが支払うこととなります。
つまり、不動産屋と大家さんにとっての更新料は、定期的な収入の一つということになるのです。賃貸契約というのは一般的には2年間というのが基本とされています。
契約が満了する2年後に再度契約を更新する場合には、一般的に家賃の一ヶ月分を支払う必要があります。"





恋愛 おまじない
URL:http://love-rask.com/charm/
恋愛 おまじない


<お役立ちガイド>賃貸の契約は二年毎に更新ブログ:170512

シェイプアップについていろいろと調べていると
「停滞期」という文字を目にすることがありますよね。

シェイプアップの停滞期というのは、
頑張って運動したり食べる事制限したりと努力しているのに
体重が一時的に減らなくなってしまう時期のことです。

シェイプアップの停滞期は、
人間の体に本来備わっている、
生命維持機能であるホメオスタシスという、
危機管理システムによって起こるといわれています。

つまり、
体を守るために食べる事量を減らしても、
体重を維持してしまうシステムなんです。

体がエネルギー不足と判断し、
少ない食べ物でも効率的に利用できる体にしてしまいます。

なので、
余り食べないのに、
体重が減らないといった状態になってしまうわけです。

このシェイプアップの停滞期は、
個人差はありますが約一ヶ月程度あると言われています。
シェイプアップを成功させるためには、
この一ヶ月を上手に乗り切ることが大切なんです。

体重の5%以上体重が減ると
シェイプアップの停滞期が訪れるといわれています。

停滞期が一ヶ月ほど続くと
体の危機管理体制が解除されて停滞期が終わり、
また次の停滞期まで
体重を減らしていくことができるようになります。

停滞期だからといって
あせらず、あきらめず、根気よく
シェイプアップを継続することが大切です。

停滞期にシェイプアップを中止すると
リバウンドを引き起こしてしまいます。

シェイプアップ開始前よりも
体重が増えてしまったり、
痩せにくい体になってしまうので、
停滞期中でもシェイプアップを続けることが大事なんです!


このページの先頭へ戻る